2006年 09月 14日

我が車人生2

足でこいで乗る車はさておき
初めて、車らしきものに乗ったのはゴーカートであろう。

生意気なことに、最初はワクワクしてたが、
そのうち遅っせ~と思いはじめ・・・
直線もカーブもアクセル全開で曲がろうと苦戦してたのを覚えてる。
スローイン・ファーストアウトなんて言葉を知るのは後十年を待たねばならぬ・・・

まぁ、そんな頻繁にゴーカートに乗れる(遊園地に行ける)ほど裕福ではなかったが
幼き頃はミニカーをよく買ってもらってた。
トミカシリーズですね。
ちゃんとダイキャストで重量感があったのがお気に入りで、
車種は何が好きだったかは覚えてないがコレクション?が増えるのが嬉しかった。

でも、子供のやること・・・
砂場に持って行ったり、ぶつけ合ったり、高い所から落としてみたり、水陸両用にも・・・
そのうちペイントがハゲハゲになっていった。(錆は出なかったな)
ほとんどのミニカーに地肌が見える頃には、
まとめて近所の年下の男の子にあげちゃったのが第一次ミニカー収集の終焉。

あれから幾星霜・・・トイザラスなんか行って、トミカシリーズ見るけど、なんか、アレだね。
子供の頃の思い出がよみがえる数少ないおもちゃのひとつである。

f0083935_21304572.jpg

[PR]

by e-alfa25 | 2006-09-14 21:36 | 車/CAR | Comments(0)


<< 我が車人生3      我が車人生1 >>