2006年 03月 20日

事務所の向かいのお宅で瓦の全面葺き替えを行ってる。

去年の豪雪で一気にボロが出たみたい。
雪が降りしきる中、向かいのおばちゃんが事務所に訪ねてきて

「瓦落ちそうやわ~」

どれどれと見に行ったら
ほんと半分位ずれて落ちそうになってんである。
しかも2階。人は通らないだろうが見るからに危ない。

「なんかしてま~」

エッ、こっちはデザイン事務所なんやけどなぁ工務店じゃないんやけど・・・

って無下に断っちゃうのも可哀想なんで(近所付き合いもあるしね
以前バイトしたことのある瓦屋さんを呼んであげた。(すぐ来たよ!社長すげぇ~

そしたら、あれよあれよという間に話はまとまってしまって、
今日の日を迎えたという訳ですな。

瓦屋さんからちょっとお小遣いも頂いたし
瓦屋さんも客からの直の仕事で儲かるし
おばちゃんも安心と喜んでるし
よかったよかった。
f0083935_17545018.jpg

[PR]

by e-alfa25 | 2006-03-20 17:51 | 住宅/設計/デザイン | Comments(2)
Commented by nuova51ono at 2006-03-21 20:22 x
瓦割りの専用瓦ってあったとおもいますよ。普通の瓦って簡単に手刀で割れないっすよね。
Commented by e-alfa25 at 2006-03-22 14:43
>nuova51onoさん
あーやっぱ、あるんですね。専用のものが。
車いじりにしろ、仕事にしろ、何でもそれぞれにあった
専用のものを使わないと、いろんな意味でうまくいかないし、
はかどりませんよね。


<< 障子貼      轟沈 >>